病気について

  • 持病のあるお子さんは必ず事前にお知らせ下さい。
    (心疾患、腎疾患、喘息、ひきつけ、てんかん、アトピー性皮膚炎、アレルギー等)
  • 登園後、お子さんに発熱、下痢、嘔吐、ケガ等、体調に変化がみられる場合は保護者の方に連絡をします。さらに症状が悪化するような場合はお迎えをお願いします。緊急時の連絡ですので連絡先は確実に速やかに対応できる所(保護者又はそれにかわる代理人)を保育園に届け出ておいてください。また、変更があった場合は速やかにお知らせ下さい。
  • 病児・病後児の保育は行っておりませんので、病気の時は無理に登園させることのないようにして下さい。発熱後は熱が下がってから24時間たてば保育園に行かせても大丈夫というのがお医者さんの考える基準です。お子さんの為にもご協力をよろしくお願いします。また、ケガ(脱臼・肘内障・捻挫・打撲等)や骨折して手足にギブスをした場合はギブスが取れて、日常生活が介助なしで可能な状態になってからの登園をお願いいたします。子どもの病気には体の休養だけでなく精神的な安定、ということも非常に重要ですのでどうぞご理解の上よろしくお願いします。また、登園されて来ても体調がよくないので「外には出さないで下さい」「下痢をしているので脂物、柑橘類は食べさせないで下さい」という保護者の方がいらっしゃいますが、このような場合は無理をせずにご家庭で休養を取られるようお願いします。

1日の過ごし方園内の様子行事
健康について |  布オムツについて  
| 病気について給食について |